ランニング、マラソンのご相談は専門家の集うリンクフィットネスにお任せください

お問い合わせはこちら

高い指導力を活かしたマラソン教室

継続しやすいプランも人気の秘密です

    • 前へ
    • 次へ

    リンクフィットネスでランニングを学ぼう!

    最新トピックス

    ・10月のスケジュールを更新しました。※9月末までに申し込みページをアップします。少々お待ちください。

    ・10月から、千葉の練習会場をにいじゅくみらい公園周回コースに戻します。

    ・ベネフィット・ワンと提携しました。

    ・10/17(土)に5km、10kmのタイムトライアルを企画しました。

    リンクフィットネスの歩み

    ・2017年1月、個人として不定期でのランニング教室主催開始

    ・2017年10月、フルマラソン完走プロジェクトを駒沢で開始。月1回の定期教室。リンクフィットネスとして正式にスタート。

    ・2019年1月、東京マラソン、名古屋ウィメンズマラソンに向けた2ヶ月短期強化スクール開講。同時に会員制度導入。

    ・2019年7月、横浜マラソンに向けた3ヶ月スクール開講。

    ・2019年12月、東京マラソン、名古屋ウィメンズマラソンに向けたスクール開講。※各大会コロナ影響で中止

    ・2020年9月現在、屋外教室約20本/月、オンラインレッスン約6本/月を都内近郊で実施中。講師6人体制。

    リンクフィットネスの特徴

    ランニングコーチはじめ、トレーナー、理学療法士、鍼灸師などが教室を担当

    ただ走るだけじゃない。毎回新しい気づきのあるレッスンを提供

    走力、走歴関係なく参加できる安心の練習システム

    東京、神奈川、埼玉、千葉の4都道府県でマラソン教室を開催

    毎月15本以上のマラソン教室を開催

    お得に継続的に参加しやすい有料会員制度が人気

    オンライン導入により、専門性の高いレッスンを地方にいながら受講できる

    ランニング教室開講スケジュール

    イベントのお知らせ

    マラソンを学ぶスポーツに

    ランニング人口1,000万人。

    マラソン大会の数も全国的に増え、観光とセットになった趣向を凝らした大会も続々と増えています。

    超高齢化社会、医療保険の改定などがゆえに、健康のためにジョギングを始める人は今後も絶えないでしょう。

    そしてランニング、マラソンは今後永続的に親しまれるスポーツだと思っています。

     

    リンクフィットネスは、今現在ランニングに取り組んでいる全国の方をサポートします。

    マラソン大会での自己ベスト更新はもちろん、楽しいランニングをいつまでも続けられるようにするのがリンクフィットネスの使命です。

    リンクフィットネスはマラソン、ランニング教室の主催をメインサービスにしています。

    理由は、誰かと一緒に練習することで得られるモチベーションが大事だということと、マラソンを学ぶスポーツに昇華したいという考えからです。

     

    自分自身の経験から、これは使命だと考えています。

    私は中学~大学まで陸上で長距離をやっていましたが、

    中学の時は顧問が短距離の先生、長距離は最初私一人しかいませんでした。

    高校の時は進学校で顧問の先生が部活に来ることはほぼなく部員も数名。部活より勉強が優先でした。

    大学では箱根駅伝常連校に進学したものの大会出場は夢のまた夢。

    そして競技人生の中でずっと、怪我が多く絶えず悩まされました。

    あの時早く、色々な身体やトレーニングについての知識があれば、もしくは教えてくれる人が近くにいれば、少しは変わっていたかもしれない。

    また、実は私は大学2年時に選手を辞め、陸上部内でトレーナーに転向しました。大学時代にすでに、自分がサポートに徹して生きていこうと決めたのです。

    その後ヘッドトレーナーに就任し200名の大所帯の部員のサポートしていましたが、あの時の自分では全然選手の力になれず、怪我に泣いた選手も多かったと、悔しい想い出があります。

     

    今は自分の人生をかけて、一般の市民ランナーさんに対してマラソン、ランニングをプロに学ぶべきスポーツだと認知してもらえるよう、サービスをお届けすることに尽力しています。

    こんな方が参加しています

    ・ランニングフォームについて詳しい分析とアドバイスをしてくれるランニング教室を東京で探している

    ・痛みや怪我に悩まされることが多く、原因や改善方法をずばり教えてくれるランニング教室を東京で探している

    ・ストレッチやエクササイズ方法なども丁寧に教えてくれるランニング教室を東京で探している

    ・走れるだけでなく指導力のあるコーチが在籍するランニング教室を東京で探している

    ・走力に関係なく練習会に参加できるランニング教室を東京で探している

    ・走れる距離に関係なく練習会に参加できるランニング教室を東京で探している

    ・マラソン大会前だけでなく、継続的に参加しやすいランニング教室を東京で探している

    ・練習会以外にも、ストレッチ、トレーニング、コンディショニング、食事についてなど、アドバイスやコンテンツが充実しているランニング教室を東京で探している

     

    ・上記の様な、専門性が高く信頼できそうなランニング教室を探しているが、地方のため近くになく、オンラインでのレッスンがあるなら受けてみたい

    専門性の高い指導

    例えば一例としてランニングフォームの解析サービスをご紹介します。

     

    ランニングフォーム撮影は教室参加時にその日の教室を担当する講師が動画撮影します。

    動画撮影は①横からの撮影と②後ろからの撮影の2種類行います。

    後日、LINEなどにより解析結果とコメントをお送りします。

    動画は①通常速度②1/8スロー再生の2種類を送ります。

    また、アプリを使って写真に図解したものを15枚前後作成しお送りします。

     

    例えばランニングフォームの解析の一例をご紹介します。

     

     

    実際にこの方に行ったフォーム解説

    横から見た画像からですが、

    まず上半身の前傾姿勢角度は6°です。推奨角度は5〜10°なので十分。OKです。

    接地はソフトな踵接地ですね。つま先の起こしすぎなどはないようです。

    足の接地位置も過度に前方接地とかではないですね。

     

    横から見たフォームでの課題は、股関節の後方への伸展角度ですね。

    13°はちょっと少ないです。15〜30°くらいが推奨です。15〜20°でいいから出るようになると、しっかり地面を押す力が出ててくるでしょう。

     

    そうすると、後ろ足の踵の上がる高さも膝か、膝より少し上になると思います。

    脚も腕振りの肘同様、膝が伸びたままより膝は畳んだ状態で戻せると効率がいいです。

    腕振りにはそれほどクセがないので、ひとまずそのままいきましょう。

    上下動も強くありません。大丈夫です。

     

    後ろから見た画像ですが、

    先日お伝えした、左脚の軌道が特徴的ですね。

    原因は股関節と足部、両方ありそうです。

    あぐらで高さの左右差が出るように、左股関節は開く動きや筋力が苦手になっています。

    足は内側のアーチのつぶれが顕著なので、それも改善していけるといいですね。

     

    パフォーマンスアップはもちろん狙えますし、何より怪我予防の観点で、これらは早めに直した方がいい部分です。

    ランニングフォーム解析を受けるには

    申し訳ありません。最初は都度参加の方でも希望者に有料で対応していましたが、現在はそれは廃止しました。

    都度対応しているとあまりにも多くの時間を割かないといけないためです。

    ランニングフォームの撮影、解析は有料会員にご登録いただくか、一部のレッスンのみの対応となっております。ご了承ください。有料会員にご登録後は、教室参加時にランニングフォーム撮影を対応致します。

    最近ではAIによるランニングフォーム撮影、診断などが導入され始めていますが、今のところはそれよりも満足度の高い評価をお客様からいただいております。

    運営代表自己紹介

    植松駿太:月間約130本セッション。元長距離の機能改善トレーナー

    箱根駅伝の名門、順天堂大学出身です。選手として芽は出ませんでしたが、中学から大学まで陸上長距離をやっていました。大学時代に選手を引退し、順天堂大学陸上競技部のヘッドトレーナーを務めています。

    卒業後は大手スポーツクラブに入社し、約8年、クラブ運営をしながら多くのランナーのパーソナルトレーニングや一般の方のトレーニング指導をしてきました。クラブのチーフ職を務めながら、全国のトレーナーのフィットネススキルアッププロジェクトにもメンバー選出され資料や試験問題作成などに携わっていました。

    2017年にフリーランスとしてパーソナルトレーナーに転向し、同時にこのリンクフィットネスを立ち上げました。

    2017年10月にフルマラソン完走プロジェクト練習会というものを定期開催するようになり、現在は月15本以上のマラソン教室の運営とランナーサポートを行っています。
    一方で月間約130本のパーソナルトーレニングも実施しています。

    膝、股関節、足部の痛みやトラブル解消などを得意分野として指導、施術を行っています。

    ランニング指導者としてもパーソナルトレーナーとしても珍しく、徒手療法や関節運動の機能改善を中心にセッションをしています。

    主な教室開催場所

    【東京地区】

    千代田区:皇居

    世田谷区:駒沢公園

    渋谷区:代々木織田フィールド競技場

     

    【神奈川地区】

    横浜市:山下公園

     

    【埼玉地区】

    さいたま市:大宮第三公園

     

    【東京・千葉地区】

    東京都葛飾区:にいじゅくみらい公園

    などで開講しています。

    ランニング教室の主な流れ

    現地集合。受付後に練習会スタート

    ・10分程度のジョグ

    ・ストレッチ

    ・柔軟性向上や姿勢改善のエクササイズ

    ・ランニングフォーム改善ドリル

    ・流し(スピード練習の時のみ)

    ・数分フリー時間(お手洗い、ウェア調整など)

    ・メイン練習(スモールグループを設定します)

    ・整理体操(メイン練習が終わる時間がグループごとに違うので、体操は2グループ以上に分けることが多いです)

    ※エクササイズや練習内容により、流れや時間が変わることがあります。

    お得な会員制度

    ランニングは継続性が大事です。そこでリンクフィットネスは会員制度を設けています。

    詳細は右上のメニューバーをタップし、有料会員プランというページをご覧ください。


    着実に走力向上を目指したり、多くの仲間と練習したい方には定期的に参加しやすい有料会員がお勧めです。

    有料会員に登録すると、たくさんの特典がついてきますよ。

    福利厚生倶楽部と提携しています

    リンクフィットネスは福利厚生倶楽部と提携しています。

    お勤めの会社が福利厚生倶楽部(リロクラブ)に加入されているようでしたら、リンクフィットネスの教室参加費、会費がお得になります。

     

    ベネフィット・ワンと提携しています

    リンクフィットネスはベネフィット・ワンと提携しています。

    お勤めの会社がベネフィット・ワン(ベネフィットステーション)に加入されているようでしたら、リンクフィットネスの教室参加費、又は会費がお得になります。

    ランナーの方からよくある質問をお確かめください

    Q&A

    オンラインレッスンの参加に必要なものはありますか?
    特に機材や特殊な環境は必要ありません。スマホでもPCでもどちらでも受講いただけます。スマホの場合は無料のzoomアプリをダウンロードしておいてください。内容は家の中のスペースで十分できるストレッチやエクササイズで構成しています。
    参加者のレベルはどれくらいですか?
    サブ3目標~6時間まで幅広いです。一番多い層はサブ4.5くらいです。メインの練習はペース毎にスモールグループを作ることが多いです。走力、走歴関係なく、一緒に練習会をするのがリンクフィットネスの特徴です。
    フルマラソン未経験の初心者ですがついていけるでしょうか。
    走力、走れる距離関係なくご参加できるよう、周回コースを使用しています。何キロ以上走れないといけない、何分の走力がないといけないという設定は特にありませんので安心してご参加ください。
    フルマラソンに向けてのスクール練習会も定期的に行っています。
    参加者の方々はどれくらいの年齢の方が多いでしょうか。
    年代問わずご参加いただいておりますが、多いのは40~50代の方々です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。