毎月更新、ランニング効率最適化エクササイズ12月号※動画付き~殿筋、ハムストリングス編~

お問い合わせはこちら

ブログ

毎月更新、ランニング効率最適化エクササイズ12月号※動画付き~殿筋、ハムストリングス編~

2020/01/09

130~150本/月セッションしているパーソナルトレーナー監修によるランナー向けエクササイズを資料、動画付きで毎月紹介しています

これをやったらきっとランニングフォームが楽で効率的に、かつ怪我を防ぎ安全になるであろうというエクササイズを、動画、資料つきで紹介します。

 

12月のテーマは殿筋、ハムストリングスの機能的エクササイズです。

機能的、というのは要するに使いやすくしようということです。往々にしてマラソン後半、30kmできつくなるのは一番にもも前、次いでふくらはぎというのが一般的に多いです。

ではお尻やもも裏はというと、それらに比べ少し余力がある状態ですね。

まだ余力のある筋肉をうまく使って局所的なオーバーワークを減らしましょう。

 

また、ブレーキを極力かけない、アクセルを踏んでいるような走りのためには、地面を後方へ押すときに使う殿筋、もも裏のハムストリングスの活躍が必要です。

 

特にスピード練習が苦手に感じている方はぜひ1ヶ月実践してみてください。

殿筋、ハムストリングスの機能的エクササイズ

①もも裏柔軟性と骨盤前傾をセットで獲得一石二鳥ストレッチ

②ストレッチポールで骨盤前傾、上半身姿勢習得エクササイズ

③ブリッジでウィークポイントを狙って強化エクササイズ

④ランニングに近い動作でトレーニング、片脚スクワット

過去の記事は下記のリンクから

今回の記事は先月の記事、股関節の後方可動域の改善とつながりのあるテーマです。

順番としては可動域が十分出る状態でエクササイズをした方が圧倒的に効果が出ますので、先月の記事の内容をまだ実践していない方は先にそちらを実践しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。